むし歯・歯周病の進行の仕方

虫歯とは・・・歯が崩壊する病気です。

C0

表面が白く濁った色になり、まだ穴はあいていませんが、進行する可能性が高いので注意が必要です。

C1

エナメル質に穴ができます。自覚症状はほとんどないので、気づきにくいです。

C2

エナメル質の奥の象牙質までむし歯が進行した状態です。冷たいものがしみるようになってきます。

C3

歯の神経までむし歯に侵されています。非常に強い痛みを感じます。

C4

歯の全体がむし歯に侵されています。歯を残すのが難しくなります。

歯周病とは・・・歯周組織(歯を支えている歯茎やその周りの骨)の病気です。

P1:軽度

歯茎の縁をはじめ歯の周りの組織に炎症が起きる状態です。骨吸収1〜3mm

P2:中等度

炎症が広がり、ちょっとした刺激で出 血しやすくなります。骨吸収3〜5mm

P3:高度

歯肉がブヨブヨしていて細菌感染しています。口臭の原因になります。
骨吸収5mm以上

P4:著しく高度

骨の吸収が著しく歯がグラグラ動き、歯が抜けてしまうこともあります。
骨吸収5mm以上  

お問い合わせ

予防歯科治療について

  • 予防って何?
  • むし歯・歯周病の進行の仕方
  • むし歯はどうやって治すの?
  • 歯周病ははどうやって治すの?
  • むし歯予防はどうすればいいの?
  • 歯周病予防はどうすればいいの?
  • 歯磨きの仕方教えて!
  • 大切な被せ物のメインテナンス
  • どうして歯科医院でケアしないといけないの?
  • 土屋歯科クリニック &worksの予防はここが違う!
  • 土屋歯科クリニック &worksの予防メニュー

審美歯科治療土屋歯科クリニック&worksが選らばられる理由

  • 最新歯科用CTシステム
  • 最新歯科用マイクロスコープ
  • 予防専用の設備 専用のケアルーム完備
  • 初診-治療-メインテナンス
  • 数々の実績・経験 土屋賢司
  • 歯科衛生士による治療後も最高のメインテナンス
ページトップに戻る